2011年05月03日

天災は止められへん。でも。。。

大阪のおばちゃんの会話形式で、原発の問題がとてもわかりやすくまとめられてます。

***以下、転送・転載大歓迎***

□原発とエネルギー問題について、10分でわかる小冊子! 
  大阪おばちゃん井戸端会議風 

 反原発冊子 「関電の原発を止める会(大風呂敷)(仮)」有志が、17日、京都・鴨川三条河川敷で行われたイベント「原発もうムリ!4.17鴨川大風呂敷」のために原発について考える小冊子と大冊子を作りました。500部ほど刷ったのですが、イベントの途中で全部なくなってしまいました。小冊子「天災は止められへん。けど、原発は止められる」はネット上にPDFで公開しました。ぜひご覧になって、よかったら、お知り合い、友人などにプリントしてお渡しください。メール、ブログ、ツイッター、SNS等で広めてくださるのも大変ありがたいです。

この小冊子は、政府や電力会社が言わない原発全体の問題点や、代替エネルギーなどについて、簡単にまとめたもので、できるだけ読みやすいように書かれています。ネット環境にない方、働いていて子育て中で時間のない方などにぜひ読んでもらいたいと思います。

以下から読めます。また、ダウンロードできます。
http://p.tl/q2qG
(オリジナルはB4二つ折り3枚、裏表12ページで作られています)

☆読んだ方からの反響の一部

「二人のなにわのマダムが語る冊子のPDFも読ませてもらいました!当日の冊子、とてもよみたかったのでうれしいし、すごくわかりやすいねえ!気絶しそうなことがたくさんあり、気がくらくらするけど、わくわくすることだってあるね。」

「「大風呂敷」の冊子、ええですね。こういうのがほしかった、と思う人はたくさんいるはず。宣伝しました。10分後に早速、反応が。「コレいいですね、広めさせてもらいます。」「「わかりやすい会話形式ですね。ありがとうございます。早速、日記にリンクさせていただきますm(__)m」」

「話の展開が絶妙で、小難しいことは言っていないのに情報満載で説得力がある!イラストもかわいらしくて、多くの人に関心を持ってもらうためにはまさに最適の冊子と思います。個人的には、この冊子を増刷して(複製歓迎だそうです)、知人に一人一人手渡していくことから始めようかと思っています。」

「さっそく つぶやきに載せさせていただきました。ありがとう〜 面白い〜〜 ごめん」 「会話方式で、とても読みやすかったです!周りにも広めたいと思います☆」 「とても楽しく読ませていただきました。この井戸端会議に参加したくなる人、増えること間違いなしです。」
posted by 山守 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

帰宅しました。

昨日の夜、自宅に戻りました。

旅の続きを書きますと、13日に枕崎に着き、親戚の家に泊めてもらいゆっくりと過ごせました。

16日に熊本へ行き、友達の親戚の農家さんを訪ねました。トルコキキョウという花を育てて販売していて、今ちょうど出荷の時期で忙しいそうです。それが終わると今度はお米作りで忙しくなるそうです。玄米を買って帰りました。
宿泊は山奥の水上村の農家民宿に泊まりました。近くに温泉があり、緑に囲まれたとてもいい場所で、また訪れてみたいです。

17日は福岡へ向かいました。ここで大学時代の後輩に会い、広々とした野外のカフェでお互いの子供たちと走り回ったりして楽しく過ごしました。この日の宿泊は佐賀県の三瀬にある農家民宿具座というところでした。年間700人ほどが泊まりにくる人気の宿のようで、かまどやいろりや五右衛門風呂などがあり、料理もこの旅で一番おいしくておすすめの宿です。
明朝、宿主が裏山に山菜としいたけ採りに連れて行ってくださいました。僕はしいたけが大嫌いなので、あまり積極的には採りませんでしたが、妻は喜んで採っていました。

その後山口へ向かい、大学時代の先輩のお宅にお邪魔しました。とても素敵なおうちだったのでお話を伺うと、間取りから壁紙や断熱材までとことんこだわって作った家らしく、納得をしました。
宿泊は岩国市の農家民宿でした。ここは月に2、3組しか泊まりに来ないらしく、対応もそれ相応でございました。近くの上関町に原発が作られようとしていますがどう思いますか?と聞いてみたところ、以前は原発ができると地域に雇用が生まれるからいいと思ってきたけれども、今回の事故を見たら絶対に反対だとおっしゃっていました。日本中のほとんどの人がこんな感じで、今まではあまり考えてこなかったけど、こんな危険な物が自分の住んでいる近くにあるなんていやだと思っているのではないでしょうか。

次の日は広島を抜け、しまなみ海道を走り再度四国へ渡りました。松山からフェリーに乗り、中島という島へ行きました。知り合いの紹介で、有機農業でレモンやみかん、卵を作っている農家さんにお会いしました。80歳とは思えない元気な方で、鶏小屋などを案内してもらいました。ここの鶏は人が近づいても逃げたり騒いだりもせず、おとなしいことに驚きました。また、床の糞は一切取らず、数ヶ月したら土ごと取り除いてそれを畑に肥料として撒き、循環させているそうです。次の日の朝、泊めていただいたお礼に生姜の植え付けを手伝わせてもらいました。奥さんもとても良い方で、こんなおじいちゃんおばあちゃんになれたらなあと思えるぐらい、素敵な方達でした。
posted by 山守 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

エネルギーの世代交代

飯田哲也氏と小林武史氏の対談
http://www.eco-reso.jp/feature/love_checkenergy/20110407_5007.php

都知事は原発推進の人になってしまいましたが、
原発がなくても電気は十分まかなえるんだということを、
まず自分たちが知ることが大事だと思います。


4月8日に宇和島の漁家民宿に泊まりました。ここは大学の先輩の奥さんの実家が営む民宿です。海の幸を堪能しました。
次の日船で九州に上陸。大分のねぎ農家さんにお世話になりました。ねぎだけで1500万から2000万売り上げるそうです。田舎暮らしの心得をいろいろと伺いました。それから、宮崎県の高千穂町の旅館に泊まりました。ここでは夜神楽を見ました。そして今は都城市の農家民宿に泊まっています。宮崎の黒豚や地鶏をいただきました。自分で建てたログハウスや石釜などを見せていただきました。明日は枕崎へ向かいます。
posted by 山守 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

ずっとウソだった♪

http://www.twitvid.com/OHJHO

斉藤和義、かっこいいっ!


6日に大阪を出て、赤穂で大学の先輩の家に1泊させてもらい、
今日は瀬戸大橋を渡って高松に来ています。

高松では、神奈川から帰省している友人がいて、
うどんを食べに連れて行ってもらいました。

明日は天気が悪いですが、宇和島まで行きます。
posted by 山守 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

大阪より

土曜日の朝、家を車に乗って出発し、
大阪の実家に来ています。

気分的には避難している感じです。
これから、中国、四国、九州を巡りながら、
今月末に家に戻ります。

その頃には、福島原発の状況が落ち着いていればいいのですが。。。

僕たち一家が関東を離れることで、少しは節電の助けになるはず。

福島原発から遠く離れてほっとしたのも束の間、
ドイツ気象庁の予測では、関西方面にも放射性物質拡散の恐れが。。。
http://www.dwd.de/bvbw/generator/DWDWWW/Content/Oeffentlichkeit/KU/KUPK/Homepage/Aktuelles/Sonderbericht__Bild5,templateId=poster,property=poster.gif

もう日本に安全なところはないのでしょうか。。。
posted by 山守 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

選挙へ行く前に

http://energy-policy.net/

これから行われる統一地方選挙へ行く前に、
候補者のエネルギー政策をこのサイトで確認してから行きましょう。

もちろん、今後は原子力発電以外のエネルギーへの転換をはかると
答えた候補者に投票しましょうよ。
posted by 山守 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

講演会情報

福島原発事故をきっかけに、エネルギーの未来を考える
久留米で田中優さんの講演会があります。
皆さんお誘い合わせの上ぜひ。
http://tanakayu.blogspot.com/2011/03/43.html
posted by 山守 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

田中優さんの講演会

東京方面にいる方はぜひ。
原発なくても停電しなくていいのか?
代替エネルギーは何?など腑に落ちるお話が聞けると思います。

■4/1(金)@芝浦
「田中優さん緊急講演会」
http://tennenjutaku.seesaa.net/article/193144736.html
・日 時:4月1日(金)19:00〜21:15
・参加費:無料→宮城県気仙沼の被災者支援のための
          支援金にご協力ください。
・会場:芝浦港南区民センター1階ホール
*定員235名。予約は不要ですが、当日参加者が殺到し、
 会場が狭くなってしまう場合もありますので予めご了承ください。

       

■4/5(火)@渋谷
「今、放射能と原子力発電に向かい合い語り合う
電気と僕たちの“新しい未来”(仮)」
http://www.earth-garden.jp/news/9213/
・日 時:4月5日(火)19:00〜 予定
・参加費:1000 円 + カンパ
・会 場:渋谷近辺で調整中
200人以上の規模となる予定です。もうしばらくお待ちください。

       

■4/21(木)@国分寺
『大震災後の日本をどう生きるか(仮題)』
http://event.cafeslow.com/?eid=1080207
・日 時:4月21日(木)17:30開場/18:00スタート
・参加費:検討中
・会場:カフェスロー
・予約申込み
−メール申込みフォーム: http://www.cafeslow.com/apply.html
−電話申し込み: tel: 042-401-8505(月曜定休)
※お席は当日の入場順で自由席となります。
※メールでのお申込は、対応の都合上、ご希望イベント開催前日の19:00まで
 とさせて頂きます。ご了承下さい。
※定員(100名 内、立ち見 20名)に達し次第締切とさせていただきます。
posted by 山守 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

ミツバチの羽音と地球の回転

原子力発電について、この映画を見て考えましょう。
http://kac-cinema.jp/theater/detail.php?id=000388

今一番見るべき映画だと思います。

でもやっぱり日本には資源が無いから、原発は必要では?
と思う方は、4月2日に監督のトークがあるので、
ぜひ質問してみましょう。

日曜日に反原発のデモが銀座でありました。
参加者は1000人だったそうです。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110328ddm012040144000c.html

ドイツではなんと25万人でした。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0E4E2E1EB8DE0E4E2E1E0E2E3E39494EAE2E2E2;at=ALL

この違いには愕然とします。

エネルギーについて考えるには、この映画はすごくいいきっかけになるはずです。
今一人でも多くの人に見てほしいです。

そして今行動を起こさないと、また同じことが繰り返されてしまいます。

posted by 山守 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

「放射線に関する情報を(少しでも)自分で判断できる力をつけるために」

枝廣淳子さんの環境メールニュース http://www.es-inc.jp より

どの情報も「その時点での情報」であって、のちに修正・追加等される可能性がある情報であることをご理解ください。

以下転載

テレビも新聞もネットでも、原発事故とそれがもたらす危険性についての話がいっぱいです。自分自身の体や子どもたちのことを考えても、心配で仕方ありません。メディアやネットを見るとは、いろいろな“専門家”がまったく違うことを言っています。

そんな状況の中で、「どれを信じたらいいのか?」「放射線って、よくわからない」「何が危ないのか、何を見ればよいのか、どう判断すればよいのか、わからない……」という方も多いのではないかと思います。

私も「放射線」については素人です。放射線の話はフクザツでよくわからない。でも、「素人だからわからないー」とあきらめて、政府の見解を鵜呑みに信じるのは危険ではないか? 少なくとも自分で少しでもリスクを理解した上で、判断し、行動したい、と思います。

そこで、まずは自分の理解のために、専門家に教えてもらいながら、できるだけ(自分でわかるぐらい)わかりやすく、シリーズで放射線について書いてみることにしました。

特に、ごっちゃになりがちなものを「区別する力」をつけていきたいと思います。そうすれば、(意図的かどうかは別として)ごっちゃに報道されている情報を、少しでも自分で位置づけ、見分けていくことができるようになります。

私自身が「これが安全レベルです」「こうすべきです」と“勧告”“提案”することはできませんし、しません。あくまでも、基本的なことを説明し、情報を自分で読み取り判断する力をつけるために、どこに気をつけたらよいか、自分で「なるほど」と思ったことを紹介していきます。同じデータに対しても、さまざまな受け取り方があるということも紹介していきます。

調べつつ、専門家に教えてもらいつつ書いていますので、不十分なところもありますし、随時修正・追加していくことになりますが、それでも素人仲間(?)の方々がそれぞれの判断力をつけていく上でお役に立つならうれしく思います。

---------------------------------------------------------------------

「放射線に関する情報を(少しでも)自分で判断する力をつけるために」(その1)
●放射線って何?●

(★この部分は読み飛ばしていただいてもよいです)

(1)原子

「物質を構成している最小の粒子」を原子といいますね。さまざまな物質はさまざまな種類の原子がさまざまに組み合わさってできています。発見されている原子は100種類ちょっと(元素周期表を覚えている方もいらっしゃるでしょう)。たったこれだけの種類の原子の組み合わせで数えきれない種類の物質ができているんですね。

そしてこの原子は、正(+)の電荷を持った原子核と負(−)の電荷を持った電子とでできています。

(2)原子核

放射線を理解するには、「原子核」の構造を理解する必要があります。原子核は、正(+)の電荷を持った陽子と、電荷を持たない中性子とで構成されています。原子核の性質は、この陽子と中性子の組み合わせによって決まってきます。

(3)放射線

原子核には安定なものと不安定なものがあります。不安定な原子核は、安定になろうと余分なエネルギーなどを放出して別の原子核になります。こうして放出されたものが放射線です。

放射線を放出すると、原子核は別の原子核に変わります。これを原子核の「崩壊」といいます。崩壊して放射能が半分になるまでの期間を「半減期」といいます。半減期は原子核の種類(核種)によって異なります。

放射線には、アルファ(α)線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線、エックス(X)線、中性子線などがあります。

放射線は、目に見えませんし、においもありませんし、熱くもありません。ですから、私たち人間の感覚ではわかりません。そのため、特別な測定器具で測らないとわかりません。

これらの放射線が放出されるとき、エネルギーが出ます。この熱エネルギーを用いて、お湯を沸かし、その蒸気でタービンを回して発電するしくみが原子力発電です。

---------------------------------------------------------------------

「放射線に関する情報を(少しでも)自分で判断する力をつけるために」(その2)
●「放射線」と「放射能」と「放射性物質」を区別しよう●

混同しやすいのですが(マスコミなどの報道でも混乱していることがあります)、「放射線」と「放射能」は違います。もう1つ、「放射性物質」も覚えておきましょう。 蛍が光を発しながらゆらゆらと飛んでいるようすを想像して下さい。

ここでの蛍は、光を発するもの(=「放射性物質」)です。蛍の放つ光が「放射線」です。蛍によって、光を発する力(=「放射能」)が違います。強い光を発している蛍もいれば、弱々しい光の蛍もいますよね。

単位の話を少しだけ(またあとでも説明します)

放射線の量を「線量」と言います。単位は「シーベルト」(Sv)です。蛍の光(放射線)の明るさ(強さ)を手元で測った値がシーベルトだと思って下さい。同じ蛍でも、近くにいるか遠くにいるかで、シーベルトの値は変わります。

もう1つ、「グレイ」(Gy)という単位を見聞きすることがあるかもしれません。グレイもシーベルトも、ともに蛍の光(放射線)がどれだけ手元を照らしてくれるか(観測点にどれだけエネルギーを運んでくるか)を表す量です。

放射線にはアルファ線とかベータ線とかガンマ線とかいろいろな種類がありますが、グレイは放射線の種類によらず、ただ観測点に運んできたエネルギーの量を表します。

でも、放射線はその種類や質によって人体に与える影響が違うので、その違いを考慮して、グレイを人体に与えるエネルギーの量に換算したものがシーベルトです。というわけで、放射線の強さの話のときには、ほとんどの場合「シーベルト」という単位がついています。

そして、放射能(放射線を放出する能力)の強さを表す単位は、「ベクレル」(Bq)です。

蛍の種類によって、ベクレルが違います。大きくて元気な蛍ほど、ベクレルが大きくなります。

「放射線」「放射能」「放射性物質」の違いがわかりましたか? 

報道記事などを読むときには、「これは放射線のことなのか、放射能のことなのか」と気をつけてみて下さい。

単位を見るのもひとつです。シーベルト(ミリシーベルトとかマイクロシーベルトなど)であれば、放射線自体の強さの話です。

※1ミリシーベルトはシーベルトの千分の1なので、0.001シーベルト。長さでも1ミリは1メートルの千分の1ですよね。ミリは「千分の1」を意味します。1マイクロシーベルトはさらにその千分の1(0.000001シーベルト)です。

ベクレルと書いてあれば、放射性物質の放射能(放射線を出す力)の話です。

「放射能を浴びる」という表現を見聞きすることがありますが、3つの区別がつくようになっていれば、「放射能を浴びるとは言わないよなぁ。“放射線を浴びる”または“放射性物質を浴びる”ということだよなあ、どちらなんだろう?」と考えることができます。

この2つは大きく違います。「放射線を浴びる」なら、浴びた時間だけ影響を受けますが、「放射性物質を浴びる」だと、その放射性物質を取り除く(=除染)まで、その放射性物質が出す放射線の影響を受けることになるからです。

「原子炉から放射線が漏れた」という場合、通常は、原子炉内から放射線が外に出ている状況を指します。原子炉の外に放射性物質が出て、それが放射線を発生している場合は「放射能漏れ」です。

放射線が漏れているのか、放射性物質が漏れているのかは、大きな違いです。でも、報道でも混同している場合があるので、「どちらのことかな?」と気をつけて読みましょう。

シリーズ次回は、「一瞬浴びる放射線の影響」と「ある時間浴びる放射線の影響」の区別について説明します。
posted by 山守 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

【大切な人に伝えてください】

原発ってそもそもどんなもの?
なくなったら毎日停電するんじゃないの?
今回は想定外の地震と津波に襲われたからでしょ?
他は安全じゃないの?
と思われている方に、ぜひみてほしいです。

原発に反対する原子力の専門家 京都大 小出さん
http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk&feature=player_embedded


一人でも多くの人に見てほしいです。
そして、エネルギーについて考える機会を作ってほしいです。
posted by 山守 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

原発参考情報など

こちらもご参考に。
http://takedanet.com/cat5621932/

小さいお子さんがいる方、妊婦さんなどで、西に身寄りの無い方、疎開受け入れ情報です。
http://hinanshien.blog.shinobi.jp/

長野安曇野のシャンティクティ
http://shalomusui.blog90.fc2.com/

同じく長野安曇野の地球宿
http://chikyuyado.com/

帯広でお気に入りのユース、トイピルカ
http://homepage1.nifty.com/TOIPIRKA/

上の宿などで一時的に避難をしたい人を受け入れてくれるようです。



小田原のかまぼこ屋鈴廣で、地下水を分けてもらえるそうです。
http://www.kamaboko.com/
posted by 山守 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信じられる情報を

村上龍 NYTへの寄稿より:「特にインターネットで読んだ科学者や医者、技術者の情報を信じる。彼らの意見や分析はニュースではあまり取り上げられないが、情報は冷静かつ客観的で、正確であり、なによりも信じるに値する。」

僕が信用しているのは、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さんと、映画「六ヶ所村ラプソディー」「ミツバチの羽音と地球の回転」の鎌仲ひとみ監督のツイッターと、環境活動家の田中優さんのブログが中心です。

テレビに出ている専門家は、だれが原発推進派かわからないので信用できません。
posted by 山守 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

放射能への対処法

とてもわかりやすいです。
http://homepage3.nifty.com/ksueda/youso.html
posted by 山守 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水道水の放射線濃度

全国の水道水に含まれる放射線濃度が見られます。
http://atmc.jp/water/

茅ヶ崎でも検出されてしまいました。

テレビで頻繁に言われている
「直ちに人体に影響する値ではない」というのは、
「直ちに無いが、後から影響する可能性はある」と考えた方がいいと思う。
がんや白血病は誰でもなるから、10年後にがんになっても、
あの時の放射線の影響だと証明するすべは無い。
だから国は一切保証してくれない。
posted by 山守 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震は運命?

与謝野大臣の発言
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011032200270

泣く泣くほうれん草を廃棄している農家の方の前でも言えるのか?
posted by 山守 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

緊急署名

福島原発の廃炉を求める緊急署名です。
紙とメールのどちらでも。
http://fukushimahairo.web.fc2.com/
posted by 山守 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

新しいエネルギーの未来

田中優×小林武史 緊急会議(2)
http://www.eco-reso.jp/feature/cat1593/20110319_4986.php

未来への希望を感じます。
posted by 山守 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

必読!

田中優×小林武史 緊急会議(1)
http://www.eco-reso.jp/feature/cat1593/20110318_4983.php

池上彰よりわかりやすい。
posted by 山守 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

エネルギーについて考えよう

鎌仲ひとみ、キャンドルジュン、小林武史の対談
http://www.eco-reso.jp/feature/cat1593/20110316_4979.php
posted by 山守 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。